国内の反応

【Apex】エイムは『この調整』するだけでびっくりするほど当たるようになったわww

1: 国内プレイヤーさん           
今まで加速切ってたんだけど加速つけて感度低くするだけでびっくりするほど当たるようになって草
なんだこれみんな早く教えてくれよw

2: 国内プレイヤーさん               
感度の沼にハマって思い切って左右加速MAXにしたらエイム加速ゴリゴリの近距離中距離ゴリゴリゴリラになった

3: 国内プレイヤーさん                       
間違えたエイムアシストゴリゴリのゴリゴリゴリラ

4: 国内プレイヤーさん           
視点加速ってつけた方が良いんかな 今まで完全に切ってたんだが

5: 国内プレイヤーさん                 
大きくすればするほど エイムアシストすごーいってなるよね
色々調整した挙句、43リニアに戻るけど

6: 国内プレイヤーさん                 
無いと感度上げて視点ぶっ飛ぶ
遅いと振り向けん
エイム時感度下げると腰打ちでぶっ飛ぶ
無い方が良いんだろうけど難しいw

Marin
Marin
加速・・・いじったことなかったな
【Apex】10mの距離で横移動やレレレしてる敵に一度合わせたエイムが追い付かない場合に加速を上げるのは間違い? 1: 国内プレイヤーさん            ADS左右視点とADS左右加速のどちらを上げてもエイム時のカーソル速度は上が...

記事のシェアはこちら

POSTED COMMENT

  1. コメント投稿時に『コメントを急いで~』とエラーが表示されることがあります。こちらワードプレス側の仕様で修正が難しいためエラーが発生した場合は時間を空けてコメントしてください。
  2. 匿名 より:

    昔はマウスカーソルの加速とこれをイコールみたいに言ってた動画投稿者いたりしたけど

    マウスの加速で例えるのは反応曲線の方であって
    PADの加速って最大まで倒した時にだけ反映される速度でしかないからな

    2
    2
  3. 匿名 より:

    デッドゾーン0の低感度加速最大はマジで抜け道みたいなズルさある

  4. 匿名 より:

    Padのエイムアシストの仕組みはある程度ハックされててYouTubeとかで調べると中距離で張り付くような詳細設定が結構公開されてる

    1
    7
    • 匿名 より:

      仕様を理解してるかどうかをハックは草
      吸い付く云々も結局スティックの高さや固さの外部要素や、本人の感度の慣れの内部要素それぞれで成り立ってるんだから動画を真似しても仕方ないわ。
      感度詳細の項目を理解するための参考程度にするのが普通
      コメント欄で感度いくつですかとか聞いてそうw

      1
      14
      • 匿名 より:

        たぶんハッキング的な意味のハックじゃないっしょそれ

      • 匿名 より:

        アシスト強度の内部数値がハックされて流出したって話ですよ
        馬鹿なんだから人を煽る前に少し調べた方がいいですよ
        どうせ反応見る為にまた見に戻ってきてるでしょ?笑
        次は頑張って👍

        13
        3
        • 匿名 より:

          0.4とか0.6ってアシストの数値云々の情報がハック云々全部含めて話してるんだよなぁw
          結局そんな数値どーでもよくて各々のデバイスや感覚で感度なんか幾らでも変わるって話をしてるの理解しろよw
          横槍入れておいて話ずれてるのマジでアスペだろ

          4
          9
  5. 匿名 より:

    加速切ってた時はエイムアシストの恩恵全く感じなかったな
    加速を上げたら今までと同じ振り向き速度を維持しつつアシストで敵に吸い付くようになり、ようやくエイムアシストが強い卑怯だ補助輪だって言われる理由がわかったわ

    1
    3
  6. 匿名 より:

    俺加速切ってるけどエイムアシストそんなに吸いつかないしそこまで憎む必要があるのかと思っていたがちょっと試してみるか

  7. 匿名 より:

    加速なんて無理にはいらねぇし、padで加速つけてる強いやつなんてそうそういねえよ

  8. 匿名 より:

    加速は設定いじらずに二段階で感度変わるようなもんで色々楽になる
    初期は加速切れって言ってくる上級者()が多かったから切ってる人多そう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

×