プロプレイヤーの紹介

【DAY1】ApexLegends世界大会の見どころまとめ!!

エーペックスレジェンズの世界大会が開催!!

09/13から総賞金5500万を掛けたエイペックスレジェンズの世界大会が開催されました。

ルールは1度敗北してもまだチャンスがあるダブルエリミネーション形式です。

今大会の成績表とルールまとめサイト

日本からも2チーム出場

日本からも2チーム出場しています。

AKIHABARA ENCOUNT
あれる選手: @apexalelu

LEIA選手: @Leia_yAy

サポてん選手: @saboten_blue

Selector
AlpaN選手: @alpan_jp

D4ntalion選手: @hrtm_

AhnuG(ぐんは)選手:@AhnuG0508




世界大会の見どころ

世界から選りすぐりの選手が集められたこともあり、大会は非常にハイレベルな試合展開を見せました。

試合を見ながら、見どころをツイートしていたのでそのツイートを下記にまとめています!

リング3が閉じるまでに1チームも脱落していない

リング3が閉じるまで全チーム/58人が生存しています。

このグループの全チームがレイス・ワットソン・パスファインダーの構成

全チームが同じ構成のためマップ中がジップとフェンスとポータルだらけになっている




コースティック構成&ジブラルタル構成が現る

恐らく最終サークル付近で完全制圧するためのメタ構成?!

残念ながらこの試合をどちらのチームも制することは出来ませんでした。

最終サークルでのグレネードとレイスのアビリティの発動が完璧

グレネードは刺さりはしませんでしたが、

状況を予想してのグレネードの温存と実際にその状況に陥った時に効果的な位置にグレネードを投げ、

自身はアビリティで回避するという理想的な動きを見せました。

不利な状況から殴りのノックバックでエリア外に押し出してチャンピオン

殴りで押し出しエリアダメージでHPを0にしてチャンピオン!

アーマーがフルに残った敵が上から強襲してくる状況だったので激アツでした。




四方八方から銃弾が飛び交う終盤戦

まるでエーペックスレジェンドのトレイラーの様な終盤戦でした。

最終サークルが地獄

無数のアークスターが刺さり、四方八方から3チームのメンバーが交戦するという絵にかいたような地獄でした。

日本チームはLosers Bracketへ

日本チームはエラー落ち等の不運に見舞われ1日目は両チームとも敗北し、

2日目はLosers Bracketからスタートとなります。

しかしダブルエリミネーションルールなので、1度負けてもまだ優勝のチャンスはあります!

今大会の成績表とルールまとめサイト

明日も20:30からDAY2が開催!!

明日も3日目のグランドファイナルの出場を掛けた戦いが繰り広げられます。
ハイレベルな大会の様子は配信は下記リンクから要チェック!

YouTube
Twitch
OPENREC(日本語実況)

Marin
Marin
マジでハイレベルでめっちゃ面白かった!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。